ミネラルウォーター 硬水 軟水

硬度(硬水と軟水)について

硬度っていうのは、ミネラルウォーターに含まれているカルシウムとマグネシウムの量のことです。

 

軟水と硬水の基準についてはドイツ硬度、アメリカ硬度、フランス硬度など、
いくつかあるのですが、WHO(世界保健機関)の定めによると、
水1L中に含まれるカルシウムとマグネシウムの量が120mg以下であれば軟水、
121mg以上であれば硬水として分類されることになっています。

 

さらに細かい見方では

 

軟水・・・0ml〜100mg
中硬水・・・100mg〜300mg
硬水・・・300mg〜

 

とか、

 

軟水・・・〜60mg
中軟水・・・60mg〜120mg
硬水・・・120mg〜180mg
超硬水・・・180mg〜

 

といった分け方もあります。

軟水の特徴

軟水はカルシウムやマグネシウムが少なく、
日本人好みのクセのないまろやかな味わいが特徴です。

 

お茶やコーヒー、和食全般に適しています。
また、マグネシウムが少ないため、
赤ちゃん/乳児の粉ミルク用にも適しています。

 

日本の天然水には軟水が多いといわれています。

硬水の特徴

硬水はカルシウムやマグネシウムが多いのが成分上の特徴です。

 

ミネラル分豊富であるため、基本的に料理などには適さず、
飲用するのが最も適した摂り方です。

 

ただし、マグネシウムは人によっては下痢を誘発したりしますので、
飲みすぎには注意が必要です。

 

硬水はヨーロッパに多いといわれています。

硬水と軟水についてエントリー一覧

商品別ミネラルウォーター硬度一覧
硬度別該当する商品と産地適した調理軟水硬度100未満ルソ(ポルトガル)/硬度8屋久島縄文水(鹿児島)/硬度12アルプス精水(富山)/硬度20アイスフィールド(カナダ)/硬度27.5南アルプスの天然水(山梨)/硬度30ボルヴィック(フランス)/硬度60六甲のおいしい水(兵庫)/硬度84龍泉洞の水(岩手)/硬度97硬度50以下・・・ミルク、和食全般硬度50〜100・・・紅茶、煮物、炊飯など軟水はグルタミン酸やイノシン酸などのうまみが抽出されやすく、和風だしを取るのに最適な水だといわれています。また、...
日本に軟水が多い理由
日本には軟水が多いと言われていますが、それには理由があります。それは、国土がそれほど広くなく、山間部が多いという地形的な理由です。天然水は地中奥深くにしみこみ、地下水となって長い間濾過され、ミネラルを取り込んでいくものですが、日本の場合は水が地下に滞在する時間そのものが国土が狭いために短くなってしまいます。しかも、日本は火山の国といわれるくらいに火山が多く、ミネラルが少ない土地柄なのです。ミネラルが少ない土地柄の上に、地中での滞在時間も短い。ミネラル豊富な水となる環境にないわけです。ゆえに、日本...

人気のFX業者