ミネラルウォーターの国産と輸入物(外国産)との違いについて

国産と海外産の違い

ミネラルウォーターと一口にいっても、いろんな種類があって、ミネラルウォーターに関する基礎知識がない人はど れも同じような見方をされています。

 

しかし、実際には、国内で作られ販売されているミネラルウォーターと海外から輸入されているミネラルウォーター とでは雲泥の差がある場合があります。

 

ミネラルウォーターの基本として押さえておくことは、
「国産のミネラルウォーターは安全性重視」
「輸入もののミネラルウォーターは天然(素材)重視」
ということです。

 

基本的に、日本のミネラルウォーターは殺菌処理がされるよう定められていて、ミネラル分の含有量の規定があり ません。ですから、ミネラルがほとんど入ってなくてもミネラルウォーターとして販売が可能です。

 

一方、ヨーロッパ産などのミネラルウォーターは、殺菌処理がされません。人の手を加えることを一切禁じているの です。また、ナチュラルミネラルウォーターに分類されるものは体に有益なミネラル分を一定量以上含んでいるもの でなければなりません。

 

いつも空気が乾燥していて常に水を必要としているヨーロッパの人たちと、温暖で湿度が高く、ヨーロッパほど水の 摂取を意識する必要がなかった日本人との差といえるのかもしれません。


人気のFX業者