一日の水分必要量

一日2L程度の水分が必要

私たちの体は、一日におよそ2L〜2.5Lもの水分が体外に排出されています。

 

一番多くの水分が排出されるのは大小便です。尿や便として、一日になんと1.6Lもの水分が排出されています。 下痢などの時にはもっとたくさんの水分が排出されますので、水分補給がより重要になります。

 

次に多いのが汗です。
汗で一日約500ml〜600mlもの水分が失われます。
500mlのペットボトル一本分が汗として出て行っているのですが、多くの人はあまり自覚がないのではないでしょう か?実は、冬場であっても、人間は睡眠中などに多くの汗をかきます。

 

あと、さらに驚くのですが、呼吸によって、一日約300mlもの水分が出て行っているのだそうです。

 

 

水分補給の必要量は?
一日2L〜2.5Lもの水分が排出されるのですから、補給する水分の量も一日2L〜2.5L必要です。

 

ペットボトルを思い浮かべると、「あんなに毎日飲むの?」と思ってしまいますが、実際には食事で1L程度の水分 は補給されています。

 

食事はこの面からも大事なことがわかりますね。一食抜くだけで、それだけ水分が足りなくなるということです。不規則な食生活というのは、それだけで美容や健康にダイレクトに響くということです。

 

以上のことから、水として飲まなければならないのは一日1L〜1.5Lです。
一度には厳しいですが、毎食の食事中や食後、間の時間などでマメに水を飲むようにすれば比較的簡単に摂取 可能です。しっかりと水分補給しましょう。


人気のFX業者