酸素水とは?|ミネラルウォーター通販.com

酸素水とは

酸素水というのは、普通の水よりも、何倍も多くの酸素を含ませた水のことをいいます。

 

酸素が私たちの体にとって欠かすことのできないものだっていうことは今時小学生でも知っていることですよね?

 

藤田紘一郎先生の本「ミネラルウォーターの処方箋」によれば、酸素の働きは「血液の流れを促す」ことなのだそうです。
ですから、酸素が不足すると、疲労感や動悸、息切れ、めまいなど、とにかく体にガタっときます。

 

お疲れモードの人には特に酸素の摂取がおすすめなんです。

 

このお疲れモードの人は、実は都会に多いんですね。
なぜかっていうと、長時間働くサラリーマンが多いっていうのもそうなんですが、環境的にも、排気ガスの影響や閉塞感のある地下鉄、ビルなど、酸素が不足する要因がそろっています。空気中の酸素濃度がこうした都会では通常よりも1%も低いってことですからどうしたって疲れてしまう状況にあるわけです。

 

酸素水は水と酸素を効率的に摂取できますから、そうしたお疲れ気味の人には特におすすめです。

 

酸素水はどんな人向け?
これも藤田紘一郎先生の本をみてみると詳しく書かれています。
>お酒が好きな人
アルコールを分解する課程で酸素は必ず必要なもので、酸素がしっかりとあれば二日酔いにもなりにくいのだとか。飲酒前に飲むのがおすすめなんだそうです。

 

>タバコをよく吸う人
タバコが体に及ぼす害の大きなものに、肺へのダメージがあげられます。肺が傷つけば、当然、本来肺が行うべき仕事の効率も下がるわけで、酸素の吸収率がガクンと落ちるそうです。

 

>頭脳労働の人
酸素を一番使う器官は脳なんです。重さにしたらわずか2%ほどしかありませんが、使う酸素の量は全体の25%!ですから、酸素の補給を意識的に行ってやれば集中力が増すなどのメリットが期待できます。藤田先生いわく、「10倍〜15倍濃度の酸素水がよい」ということです。

 

>肉体労働の人
肉体労働での疲れというのは乳酸がたまってしまっています。乳酸は疲労物質といわれるくらいに疲れの元凶となる物質で早く分解してやる必要があります。藤田先生いわく「濃度30倍以上の酸素水がおすすめ」ということです。他には"熱い風呂に短時間入る"というのも乳酸を減少させるには効果的という説もあります。

 

他にもミネラルウォーターについて詳しく知りたい人は藤田紘一郎先生の本を是非呼んでみてください。

 

>>ミネラルウォーターの処方箋


人気のFX業者