水道水 まずい

まずい水道水の元凶

最近は高度浄水処理施設のおかげで、水道水もおいしくなっていますが、一昔前は水道水、特に都会の水道水はまずい飲み水の代名詞でした。

 

この原因は塩素にあります。塩素というとなじみが薄いですが、カルキといったら知らない人はまずいないのではないでしょうか?

 

浄水の課程で必ず使用されるカルキは、水の中を殺菌してくれるとても大切な役割を果たしています。
もしカルキがなければ、水の中で細菌は増殖し、食中毒などの病気が蔓延することでしょう。

 

その意味においてカルキは非常に大切な役割を果たしているといえます。

 

しかし、カルキ臭によって水道水がまずいと感じる人は多いはずです。

 

都会の方がカルキ臭がきつい理由は、それだけ都会の河川が汚れていて、多くのカルキ(塩素)を入れなければならないからです。

 

ある意味致し方ないことなので水道水を飲料水とするなら我慢するしかないのですが、実はカルキにももっと怖い側面があることがわかっています。

まずい水道水の元凶関連エントリー

水道水の危険性「トリハロメタン」
毎日体に入れる水にこだわる人が増えています。 水道水の危険性についてよく指摘される「トリハロメタン」についてまとめました。

人気のFX業者